浮気の事実を知った後で 浮気調査 不倫調査 | 探偵事務所 ― 低料金

浮気調査 不倫調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 一般調査 > 浮気調査 > 浮気の事実を知った後で

浮気調査 不倫調査など各種調査が低料金の探偵社

浮気調査 不倫調査

浮気の事実を知った後で

浮気を止めさせ元の仲に戻りたい

配偶者の裏切りを知ったとき、真っ先に思いつくのは「離婚」ですが、冷静に考えると離婚には様々な問題があり、簡単に決断できるものではありません。

多くの方が頭を悩ますのは「離婚後の生活をどうするか」「金銭の問題」「子供の親権の問題」などで、これらをクリアーできず離婚を思いとどまるケースがあります。

しかし、だからと言って事実を確かめもせず泣き寝入りすることはあってはならないことです。一度浮気を経験した配偶者の場合に浮気の再犯率が非常に高く、今は許せても将来的に許せなくなることは充分に考えられます。

事実は事実としてしっかりと受け止め、何が行われたかを証拠として残すことは非常に重要です。


配偶者に慰謝料を請求する

不貞行為を行った配偶者に対して慰謝料を請求することができます。

これは離婚する時に限ったことではなく、婚姻中であっても訴えることができ、配偶者に対しては懲罰的な意味を持ちます。

ただし婚姻関係を継続中である場合は馴れ合いで支払いが中断してしまうケースもあり、債権者は毅然とした態度で接することが必要になります。

また、離婚には至らなかった不貞行為に対しては、離婚に至ったケースより慰謝料は小額となり、訴えを起こすかは将来的なことを含めて熟慮が必要となります。


浮気相手に慰謝料を請求する

自己の配偶者と不貞行為を行った浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。

これは離婚する時に限ったことではなく、婚姻中であっても訴えることができ、浮気相手に対しては懲罰的な意味を持ちます。

配偶者と浮気相手が深く結びつき簡単には別れそうもない場合でも、金銭が絡んでくると人間は変わります。とくに不貞行為の慰謝料は高額であり、そのことが原因で破局に追い込み、経済的にも制裁を加えることができます。


離婚したい

配偶者の裏切り行為を許すことができない場合、最後の手段である「離婚」をするしかありません。

しかしこの決断をするまでには前述のとおり、様々な問題をクリアーしていかねばなりません。

  • 離婚後の生活をどうするか
  • 慰謝料の問題
  • 財産分与の問題
  • 婚姻費用分担の問題
  • 裁判費用の問題
  • 養育費の問題
  • 子供の親権の問題
  • 子供の姓と戸籍の問題
  • 親族の同意

特に金銭に関係した問題は深刻であり、離婚後にいきなり生活が不安定になる可能性があります。裁判を起こす際には、より判りやすいより確実な証拠が必要となり、裁判に勝つことを前提にしなければなりません。

浮気調査トップに戻る 浮気調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ