調査のリスク 職場嫌がらせ調査 | 探偵事務所 ― 職場嫌がらせ 低料金

職場嫌がらせ調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 嫌がらせ調査 > 職場嫌がらせ調査 > 調査のリスク

嫌がらせ調査 職場嫌がらせ調査など各種調査が低料金の探偵社

職場嫌がらせ調査

職場嫌がらせ調査のリスク

調査におけるリスク

職場嫌がらせ調査を行う上でいくつかリスクが生じます。

調査は嫌がらせ行為の証拠収集が目的となり、嫌がらせの現場を撮影する為あらかじめ機材を設置する必要があるのですが、職場へ外部の人間が入りカメラを設置することは困難を極めます。

その場合には依頼者様の所有物に仕掛け直接持ち込んで頂くことになりますが、細かい設定ができないため、上手く撮影できない場合があります。

また、仕掛けたカメラを上手く隠せず周囲のカメラの存在を気づかれる危険性もあります。

事前にリスクを回避する策は講じますが、それらリスクが存在する事はあらかじめご了承下さい。


調査後のリスク

調査後は何らかのアクションを取ることになりますが、いずれのアクションもその後の業務に支障が出る危険性があります。

社内のトラブルは企業にとって悩ましい物で、場合によっては「無用な事で騒ぎ立てた」と申し立てた側が処分を受けるケースがあります。

また、処分後も加害者の異動が無ければ再び同じ場で仕事をすることになり、円滑な業務運営が困難になるケースもあります。

どのようなリスクが依頼者様に跳ね返ってくるかは判りませんが、状況によりソフトランディングかハードランディングに持ち込むか、よくご検討下さい。

職場嫌がらせ調査トップに戻る 職場嫌がらせ調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ